ま行 ライトノベル 令嬢・転生系

『めざせ牢獄!~悪役令嬢は番外編で愛されたい~』きゃる(感想・ネタバレ)

めざせ牢獄!~悪役令嬢は番外編で愛されたい~

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
王子様に婚約破棄してもらい牢獄行きを望む悪役令嬢のお話
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『めざせ牢獄!~悪役令嬢は番外編で愛されたい~』

 

コミック:きゃる

原作:漣ミサ

 

🖊あらすじ

前世で大好きだったラノベの悪役令嬢に転生してしまった公爵令嬢のヴェロニカ。

王子と婚約破棄? もちろん大歓迎! 

だって本編後の番外編で、年上渋めの牢獄看守との恋が待っているもの。

番外編に進むため、モブキャラのエルとともに立派な悪役をめざしたら、なんとエルが、婚約者のラファエル王子とわかって……。

彼には物語も目的も全部明かしているから、ラノベ通りには進まないフラグで早速大ピンチ!? 

全ては番外編のために――悪役に奮闘する令嬢の物語、いざ開幕!!

 

★個人評価

切なさ   ★★★☆☆

ハッピー  ★★★★☆

セクシー  ☆☆☆☆☆

展開    ★★★☆☆

お気に入り ★★★★☆

 

♡感想(ネタバレ含む)

ピッコマの無料であらすじを読んで気になって購入した作品でした。

 

公爵令嬢のヴェロニカは幼いころ、自分がラノベのなかの悪役令嬢に転生したと気付きます。

ラノベでは断罪イベント後の番外編で愛する人に出会えると知っていたので、

どうにか王子との婚約破棄を目指して、ゲームの主人公である義妹・ソフィアをいじめることを決意します。

 

そして、意地悪をしようと試行錯誤しているときに「エル」と名乗る可愛らしい少女に出会います。

ヴェロニカはエルがモブキャラだと思い、自分の前世の記憶、そのための計画を話し一緒に計画を実行することになります。 

しかし、ヴェロニカはエルと一緒にいたずらの準備をしては、エルのドジで失敗を続けうまくいきません。

そして、王子様もなかなか登場せずモヤモヤします。

とある日、ソフィアとエルが仲良くしているところをみて言い争いになり

ヴェロニカはエルと距離を置くことを決めるのでした。

ここの、家族からも愛されず友達も取られて、前世もいじめられてひとりぼっちだったことを

思い出し一人で生きていくことを決意するところが胸が締め付けられるほど切なかったです。

 

時は立ち、王子はなかなか現れず、いたずらもソフィアが思った以上にすばしっこく逃げられたりやり返されたりして

まったく進展していませんでした。

そこに、ヴェロニカと王子の婚約話が浮上して、彼女は自分の今後の計画のためOKを出します。

そして、王子との面会の時そこに現れたのは男の格好をしているけどエルでした。

 

エルには前世の話、今後の計画を話してしまっていたので婚約するのか確認をすると

18歳で婚約破棄にするで構わないと婚約をします。

 

そこから、ヴェロニカは王子の婚約者として公務に連れまわされる日々が始まります。

公務先でトラブルに巻き込まれたり、ヴェロニカの前世の記憶によって解決したり

順調な婚約者期間を過ごします。

 

しかし、ヴェロニカはソフィアへの意地悪はうまくいかずソフィアと王子が順調なのか

もわからず焦ります。

ソフィアはいい子って思い続けているヴェロニカがいい子過ぎて切なくなりました。

ソフィアが悪い子ではないけど、わりとわがままというか自由という感じなのに…

 

いよいよ、社交界デビューになり思ったように進んでいない現状を打破しようと

ヴェロニカは前世の記憶の作品内でソフィアを誘拐していたのを実行に移そうと動きます。

 

お気に入りポイント

  • 健気に悪役になろうとするヴェロニカ
  • タフな義妹
  • 読みやすい文章

誘拐事件をいざ実行したら、誘拐をお願いしたのは巷で騒ぎになっていた人さらいで

なぜかヴェロニカもソフィアと一緒に誘拐されてしまいます。

王子からの贈り物のおかげで、助かったヴェロニカは王子への気持ちを自覚します。

 

ソフィアの舞踏会デビューになり、いよいよ断罪されるかと思い覚悟したヴェロニカに王子は結婚を伝えます。

ソフィアと想いあっていると思っていたヴェロニカは驚き王子にどういうことか聞きます。

ヴェロニカが誤解していたことが、お互い想いを伝えあいます。

 

そして、ヴェロニカが待っていたはずの未来に入ると思っていた牢獄に一緒に行き、前世で読んだ作品内で

結ばれるはずだった看守にも会い現実と作品の違いを痛感し、やはり王子と結ばれることを望み二人は幸せになるのでした。

 

常にヴェロニカを一途に見守ってきた王子が、かっこいいです!

最後の天使設定は若干、要素増えすぎだなと思ってしまいましたが、

最強王子様と健気ヒロインの純愛って感じで面白い作品でした。

 

おすすめポイント

ひたすら悪役になろうと努力するヴェロニカの姿

 

 

0

-ま行, ライトノベル, 令嬢・転生系

© 2021 読書感想は○○に限る