TL さ行 ライトノベル

『政略結婚のはずだけど、実は愛されているらしい』逢矢 沙希(感想・ネタバレ)


 

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
対立しあう家系の子ども同士が政略結婚するロミジュリ的物語だよ
とら
ねこ
政略結婚なんだよね?
そうだよ、王の命令で家のための結婚するんだけど…
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『政略結婚のはずだけど、実は愛されているらしい』

 

著作: 逢矢 沙希

挿絵: 駒城ミチヲ

 

🖊あらすじ

「両侯爵家の長きにわたる不毛な関係を終わりとさせるために、二人の結婚を余は強く希望する」
代々対立している二大侯爵家「エドワーズ家」と「フォレスター家」の一人娘ディアーヌと息子イグニスが、王に結婚を命じられることから物語は幕を開ける。
侯爵家の娘として、美しくも気高く育てられたディアーヌは、突然の王命に戸惑いながらも、弟・シリルのため渋々、対立している家との婚姻を受け入れる。
義務を果たすためと自分を押し殺していたが、イグニスと夫婦として生活を送る中で、実は冷酷に見えていた彼が誰よりも自分を想ってくれていることに気づく。
ディアーヌがイグニスと情熱的な夜を過ごし徐々に夫婦となっていく一方、
その裏で、ディアーヌの従兄のダミアンは歪んだ愛情のために、ディアーヌの弟・シリルを取り巻く「エドワーズ侯爵家」のある秘密を利用して
ディアーヌを手中に絡め取ろうとするーー。

 

★個人評価

切なさ   ★★★☆☆

ハッピー  ★★★★☆

セクシー  ★★☆☆☆

展開    ★★★☆☆

お気に入り ★★★★☆

 

♡感想(ネタバレ含む)

いい意味でタイトル通りの内容でした。

ただ、ラブラブがメインというよりかはお家問題が主軸だったので、内容がしっかりしていてとても文章が読みやすく、でもサクサク読めました。

 

内容は、ディアーヌは子供のころ憧れた少年が実は親同士代々対立している「フォレスター家」の子息で、

舞踏会で再開した際冷たくされそれ以降疎遠になっていた二人は、

ある時「両家の不仲改善策」という名の王の命令で政略結婚することになります。

 

戸惑うディアーヌに対して、すんなり受け入れるイグニス。

そして、ディアーヌに妻として一生守り抜くことを誓います。

ここのやり取りが、いいです!!

王からの突然の命令に戸惑いどうにか結婚から逃れようとするディアーヌに王令だから逃れるすべはないと諭し、

ディアーヌの望む条件をのむと淡々と述べるイグニスとの温度感と、

でも互いにどこか、奥底の思いあっているのかと思うような思いやりが見えるプロポーズにときめきました。

そして、結婚します。

 

ここからは、フォレスター家でのディアーヌの嫁姑問題になります。

でも、今までの確執を思えばしかたないレベルの嫁いびりと、

ディアーヌは比較的そのいびりを仕方ないと飲み込んでいるので、

悲壮感もなく、

何よりイグニスが全面的にディアーヌの味方なのでちょっとした家庭問題位に読めました。

イグニスの言葉通りディアーヌを静かに守る姿が良きです。

 

お気に入りポイント

  • 常にディアーヌの味方なイグニス
  • イグニスの母
  • どうなる!お家問題

 

後半は、「エドワーズ家」のお家問題がお話の主軸になります。

エドワーズの当主でディアーヌの父が嫌な人でしたね。

あなたが引き起こした問題なんじゃないんですか?ってなります。

 

なので、夫婦甘い生活のお話というよりかは、エドワーズ家の問題に夫婦で向き合って、信頼関係をより築いていく部分が大きく。

お家問題に絡むハラハラドキドキが大きくなります。

ディアーヌの弟への何にも代えがたい愛情と、姉を思う弟と二人を守るイグニスという関係性が不思議ないいバランスで構成されていていました。

 

そして、イグニスのお母さんが人間味あってとてもよかったです。

思いやりもある人で、嫁いびりも息子への思いやりからだとよくわかるいいキャラでした。

イグニスの父が、お話の中に人物としてほとんど出てきていないのですが、最後の最後で…

だったのでそこの話をもっと知りたいと思ってしましました。

 

とても、読みやすいお話だったので、いろんな夫婦の絆を楽しめる作品です。

2019eロマンスロイヤル大賞金賞受賞作といのも納得です。

 

おすすめポイント

家問題の中で育まれていく夫婦関係

 

0

-TL, さ行, ライトノベル

© 2020 読書感想は○○に限る