ライトノベル TL おすすめ★★★★★ おすすめ度別 か行

『氷の瞳を溶かすのは ~冷酷騎士とおざなりの婚約者~』水上涼子(感想・ネタバレ)

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
無慈悲で冷酷な『氷の騎士』×兄の元婚約者である伯爵令嬢の切ない純愛物語
とら
ねこ
兄の元婚約者?
ヒロインは『氷の騎士』の兄ともともと婚約していて…
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『氷の瞳を溶かすのは ~冷酷騎士とおざなりの婚約者~』

 

著作:水上涼子
 

挿絵:天路ゆうつづ

 

🖊あらすじ

「あなたに触れてはいけないと思っていた」

元婚約者を戦で亡くし、その弟マクシムの婚約者となった伯爵令嬢のサラ。

大切な人を喪った悲しみは癒えず、二人が十年間で顔を合わせたのはたった一度きり。

王宮にあがり王妃の侍女となったサラは、無慈悲で冷酷な『氷の騎士』と恐れられるようになったマクシムと再会する。

王妃に思いを寄せているという彼のため、名ばかりの婚約を解消すると決めたサラだが…。

「やっとあなたが手に入る」長い間隠し秘めていた情欲が溢れるまま、深くまで楔を刻みつけられる。

孤独な騎士と、彼を遠くから見守る令嬢の、究極の純愛。

 

第一回ジュリアンパブリッシング恋愛小説大賞受賞作。

 

♦登場人物

★個人評価

切なさ   ★★★★☆

ハッピー  ★★☆☆☆

セクシー  ★★☆☆☆

展開    ★★★☆☆

お気に入り ★★★★★ 

 

♡感想(ネタバレ含む)

何気なく購入したけどかなりお気に入りの1作に入る作品でした!!

お話の区切りごとに、視点が変わるって進むことによって徐々に見えてくる真実が面白かったです。

 

皇帝の無謀な戦争により、戦火のなかにあった世の中。

伯爵令嬢「サラ」は女好きな皇帝から手を出されないように守るために、両親たちによって幼き時から「ハイン」という婚約者がいた。

しかし、彼は弟「マクシム」を皇女の魔の手から守るため画策したことにより、不興を買い

「死」が確実な戦地への派遣が決まってしまう。

両親を亡くしていたハインは、サラの父や兄に領地のことやサラとの婚約をマキシムにと託し出立する。

 

ハインは戦死し時は立ち、マキシムは第3皇子「オルウェイ」とともにクーデターの中心人物になり

皇帝一派を処刑する責を担いその冷酷さから「氷の騎士」と呼ばれるようになる。

サラはマキシムの婚約者となったがまったく会えずに時が過ぎていった。

 

世の中に平和が見え始めたころ、王となったオルウェイはラトニア王国からアリーチェ王女という婚約者を迎えることになり

その侍女として、サラ姉妹が城に呼ばれることになる。

サラは城で王の側近となり現在王女の護衛を任されているマキシムと再会するが、まったく反応を示されず覚えられていないのだなと思っていた。

サラはアリーチェは命を狙われてい、マキシムの護衛が必須で常にともにいる姿を見ることに。

そんななか、マキシムがアリーチェに想いを寄せているのではないかとサラは思い始める

 

城内にもマキシムがアリーチェに想いを寄せているのではないかと噂が立ち始め、宰相からサラはマキシムの盾になってほしいと頼まれ

婚約者であることを公表することに。しかし、サラは自分には盾になるほど役には立てないと悩む。

アリーチェの命を狙う黒幕をつかまらない日々が続き、アリーチェが囮になって犯人をあぶりだそうとしているという話を本人から聞く。

そんなある日、王と側近たちがサラを囮にすべきではと話しているのをサラは聞いてしまう

そして、サラは庶民出で宰相のもとで働いているゲインから、宰相からの伝言として囮の話をされ出かけることに。

 

サラは作戦を決行するため、アリーチェにハインの命日が近いため花を買うため街に出たいと申し出ます。

サラの予想外に、アリーチェも一緒に行くと言い出し、マキシム護衛の下一緒に街に出ることになります。

街でアリーチェの用事に付き添い、花を買いに行くためサラはマキシムの部下と二人街中へ、しかし暴漢に襲われかけ騒ぎのうちサラは誘拐されてしまいます

 

お気に入りポイント

  • 視点が変わることに見えてくる真実
  • 心に傷を抱える二人がもどかしい
  • イラストがすき

誘拐されたサラは、花びらを痕跡を残し助けを信じて待っているとオルウェイとマキシムが助けに来ます。

そこで、黒幕を捕まえることに無事成功します。

そして、オルウェイの計らいによりハインの墓参りにサラとマキシムは行くことに。

そこで、初めてお互いの想いを語り合い、マキシムの想いの深さを知り二人は結ばれます。

 

全体的にTLというよりラノベ感が強かったです。

オルウェイとアリーチェもわりと中心にいることがおおく、描写は多いのですが

カップルに何があったのか何を抱えているのかはっきり書かれていない部分がほとんどでとても気になりました。

 

しかし、この作品の切なさを増したのが、マキシムがアリーチェの護衛故にどんなにサラを守りたくても

自分はアリーチェを優先に守らなくてはいけないというもどかしさに悩むところ。

こういう作品にありがちな、ピンチの時は誰より優先してヒロインを助けに行くとかではなく…

どんなにサラが危険な目に合おうがアリーチェを優先しなくてはいけない瞬間があり、とても胸を締め付けられました

 

想いを通い合わせてからのラブラブっぷりと、マキシムの変化が可愛くて

いままでつらい思いをしてきた二人だからこその幸せな瞬間に涙が止まりませんでした。

 

イラストの天路ゆうつづ先生の絵が好きすそんなに多くないのがすこし残念でした。

 

おすすめポイント

徐々に見えてくるお互いの気持ち!

 

 

-ライトノベル, TL, おすすめ★★★★★, おすすめ度別, か行

© 2021 読書感想は○○に限る