TL あ行 ライトノベル

『悪役令嬢に転生したけど、破局したはずのカタブツ王太子に溺愛されてます!?』 花菱ななみ (感想・ネタバレ)

悪役令嬢に転生したけど、破局したはずのカタブツ王太子に溺愛されてます!?

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
客としてきた仮面の男×娼館に売られてしまった令嬢の恋物語
とら
ねこ
タイトルにある王太子は?
王太子がまー優柔不断なんだよ
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『悪役令嬢に転生したけど、破局したはずのカタブツ王太子に溺愛されてます!?』

 

著作:花菱ななみ

 

挿絵: ウエハラ蜂

 

🖊あらすじ

優しくしてやる。どこをどうすれば感じるんだ?

乙女ゲーがエロゲーに!? バッドED後にヒーローに囲い込み溺愛

残念なイケメン王太子×元OLの悪役令嬢

地味なOLから乙女ゲーム世界の悪役令嬢に転生したイザベラは、

努力も空しくゲームヒロインに心を移した王太子に婚約破棄を言い渡された後、

不審な男に拉致され娼館に売られてしまう。

初めての客は顔をマスクで隠した男、ウィリアムだった。

高貴な身分らしい彼はイザベラをからかいつつも優しく触れてくる。

「試してみないか。きっと気持ち良くなれるはずだ」

初めての快感に溺れた夜。ウィリアムはその後もイザベラを独占して!?

 

★個人評価

切なさ   ★★★☆☆

ハッピー  ★★★★☆

セクシー  ★★★☆☆

展開    ★★★☆☆

お気に入り ★★☆☆☆

 

♡感想(ネタバレ含む)

あらすじ読んだときに重い話かと思いましたが、

キャラの性格や文章の雰囲気からか思ってたよりポップな作品でした。

 

王太子の婚約者として育ってきたイザベラは、ある日、自分の前世が日本のOLだったことを思い出し

その時にやっていたゲームの世界に転生したことを気付きます。

このまま婚約者としていると、いずれヒロインが現れて王太子に婚約破棄されてしまうと想い、

どうにか家のためにも回避しようと努力しますが…その努力むなしく王太子に婚約破棄を言い渡されてしまいます。

 

家族からほとぼりが冷めるまでほかの場所にいるようにと家をだされ、その道中で突如襲われ意識を失います。

 

目が覚めると、イザベラは高級娼館に売られていました

そして、娼館に客として訪れた仮面をした男ウィリアムに買われます。

イザベラはウィリアムと一晩過ごし、そこからウィリアムはイザベラのもとに通うようになります。

一緒にカフェに行ったり、婚約者の話をしていくうちにお互い打ち解けていきます。

 

視点は変わり、ウィリアムは実は王太子でイザベラから婚約者の話を聞き、

イザベラ本人か?という疑いを持って接していたものが確信を持ちます。

最初読んでるとき、顔見てなんでわかんないのかな?と不思議でしたが、いい方的には

言葉遣いがあまりに違うからとのことでした…

イザベラと一緒に過ごすうちに、なぜ、このような状況になったのか、

イザベラは本当に婚約破棄をするときに糾弾したような

悪事を働いたのか…を疑問に思うようになります。

 

そのころ、新しい婚約者のアンジェは、王太子がイザベラの件を再調査していると聞いて焦り始めます。

彼女は、人の心を読むのがうまくどうしたら自分になびくかを理解して接してきていたのです。

アンジェは、邪魔だったイザベラを排除するために行動していたのでした。

 

その間も、逢瀬を重ねていたイザベラとウィリアム。

そして、ウィリアムに好意を持ち始めていたイザベラは彼に仮面を取ってくれないかとお願いしてみますが断られます。

しかし、情事の後、寝ているウィリアムの仮面がずれていたので外してしまい正体が王太子だと知ってしまいます。

 

イザベラはウィリアムに正体を知ってしまったとは言わず、ただ彼を拒否します。

急に態度が変わったイザベラに困惑するウィリアム。

失恋の痛みを消すために、イザベラは彼以外のお客を取ることを決意します。

しかし、いざ別のお客に触られると拒否反応を起こし逃げようとしますが抑え込まれ

もうおしまいだと思った間一髪ウィリアムが助けに来ます。

そこで、お互いの気持ちを打ち明けた二人は結ばれます

 

そして、アンジェとの婚約関係解消は…

 

お気に入りポイント

  • 暗くなりすぎない展開
  • 挿し絵がきれい
  • アンジェ断罪の流れ

最終的に、アンジェを断罪して二人は元の婚約者に戻ります。

 

トータルでヒロインとヒーローの二人の言葉足らずからの、すれ違いゆえに起きたこととはいえ

あっちこっちにフラフラしているようにみえる王太子の行動は

あんまり好きになれませんでした。

イザベラも転生者だとしても、もう少しだけ令嬢感があるとよかったなとは思いました。

娼館に売られてるのに、対応あっさりしすぎじゃない?って。

環境になれるの早すぎって笑っちゃいました。

 

でも、二人がこの環境ゆえに心の内を明かし歩み寄って行く過程は、

とても心の動きが丁寧でわかりやすくてよかったです。

 

アンジェは悪いことをしてしまっていますが、育った環境ゆえに

自分の居場所を探していたんだろうなと思うと少し切なかったです。

 

おすすめポイント

主人公たちの心の歩み寄りが見えるストーリー

 

-TL, あ行, ライトノベル

© 2021 読書感想は○○に限る