TL さ行 ライトノベル

『捨てたはずの婚約者~因縁の御曹司と現世で二度目の恋~』水上涼子 (感想・ネタバレ)

【全1-5セット】捨てたはずの婚約者~因縁の御曹司と現世で二度目の恋~【イラスト付】

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
前世の婚約者(現・御曹司)×『地味』で平凡なOLの因縁ありの恋物語
とら
ねこ
前世?
主人公は前世の記憶があって…
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『捨てたはずの婚約者~因縁の御曹司と現世で二度目の恋~』

 

著作:水上涼子
 

挿絵: 逆月酒乱

 

🖊あらすじ

「今度こそ、必ず幸せにする」

前世でフラれたはずの婚約者から、現世で猛アプローチを受けています!?

「あなたから婚約破棄をしてほしい」『地味』で平凡なOLの加奈の前世は、思いを寄せていた婚約者から別れを乞われ、その帰りに馬車の事故で死んでしまった公爵令嬢。

そのせいで男性不信に陥り、現世ではおひとり様ライフを謳歌中…のはずだったが、前世の婚約者が勤め先の御曹司・悠理として目の前に現れ!? 

現世でもものすごくモテる彼と、絶対関わらないよう避けていた加奈だったが、悠理の方は何かにつけてかまってくる。

ーー「君以外目に入らない」ハイスペックな男の魅力と初めての甘い疼きに抗えなくなって…

 

★個人評価

切なさ   ★★★★☆

ハッピー  ★★☆☆☆

セクシー  ★☆☆☆☆

展開    ★★★☆☆

お気に入り ★★☆☆☆

 

♡感想(ネタバレ含む)

過去と現在の記憶と気持ちが交差するお話でした。

 

「地味」OL加奈は前世の記憶があり、前世では婚約者ユーリ友人から地味だと笑われ

婚約者から婚約破棄の申し出をされた帰り道に事故死してしまう悲劇の令嬢であった。

その記憶を頻繁に夢でみては、自分なんてと自己肯定が低くなる加奈。

しかし、前世の弱い自分を振り切って、一人で強く生きる決意をして淡々と過ごしていた矢先に

会社に前世の婚約者と同じ顔の男・悠理がやってきて動揺します。

 

そして、何かと縁があり絡むことが多くて困っているときに、なんと加奈の隣の部屋に引っ越してきます。

どうにか関わらないようにしますが、うまくいきません。

彼は過去同様に女性を侍らかせて、モテる彼の姿にモヤモヤする加奈。

悠理が加奈に絡んできて、悠理に好意を抱く人間たちから嫌がらせを受けたりするのですが、

会社ってこんな幼稚な嫉妬する女の人っているんだ~って不思議な感じでした。

 

実は悠理も前世の記憶もちで婚約者だった彼女を探していました。が、姿が違ったため見つけられずにいました。

そして、悠理は加奈がとても気になっていました。

そんなある時、悠理は加奈が自分が探していた前世の婚約者だということを知り

前世の過ちを謝り、今の加奈に惹かれているとしプロポーズします。

加奈はお付き合いからとします。

ここの、悠理が話すユーリ視点からの前世の出来事にとてつもなく胸を締め付けられました!!

若さゆえの過ち、無知ゆえの行動、自分の発言への後悔

彼女を悲しみのなか死なせてしまったことへの反省

なんかすごく、この部分を読んで一緒に泣きそうになりました。

 

付き合ってからも周りの嫉妬から、加奈は嫌がらせをうけたりして

悠理とすれ違ったりしてショックなことばかりおきます。

しかし、まわりや熱心な悠理の愛によって

加奈は自己肯定感の低さを克服しつつ嫌がらせを解決し

悠理と心身ともに結ばれます。

 

お気に入りポイント

  • 過去の双方の視点
  • 加奈の自信のなさと強さ
  • ユーリ視点のお話

悠理にかかわってくる女たちが性格悪すぎて、女怖いわってなりました。

そして、男がみんなやや浮気癖ってか女癖が悪いのがリアルだなって思いました。

こういう溺愛系って、男がイケメンで遊んでいるようにみえて実は一途、ってことが多いイメージだったのですが、

悠理が加奈を見つけるまでは、欲の解消で寝るのくらい良くない?って感じだったので

まーそうだよね、という感じでした。

 

現代のお話は比較的、御曹司との恋愛系でありそうだなって展開でしたが

そこに前世が加わってくることによって、切なさが増していい感じのお話になっていました。

 

おすすめポイント

過去のすり合わせシーン

 

0

-TL, さ行, ライトノベル

© 2021 読書感想は○○に限る