ライトノベル TL おすすめ★★★ おすすめ度別 は行

『花は淫獄へ堕ちずにすむか』永久めぐる(感想・ネタバレ)

┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓             DMM 電子書籍 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛ 国内最大級!250,000冊以上の取り揃え いつでもどこでも漫画が読める!! あの人気コミックも絶賛発売中! 詳しくはこちら⇒https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BO6FY+C9RP6Q+6HW+3SYCAB

 

ねこ
この作品はどんなお話?
ゲーム内ではヤンデレ設定?!王太子×ゲーム内ではヒロインと一緒に悲惨な目に合う親友の大人の恋物語
とら
ねこ
ゲーム内では
前世で好きだったR18乙女ゲーム内に転生した作品なんだよ
とら
ねこ
気になる中身は…

 

 

『花は淫獄へ堕ちずにすむか』

 

著作:永久めぐる
 

挿絵:天路ゆうつづ

 

🖊あらすじ

ルーシャ・リドルは気づいてしまった。

ここは前世でプレイした18禁乙女ゲーム「迷宮のワルツ―淫獄に堕ちる花―」の世界だと。

しかもルートによっては、親友のヒロインとともにとんでもない目に遭うポジションでもあると……。

物語通り王立アダマス学園に入学したルーシャは、波瀾万丈なメインルートのヒーローで、歪み病みまくった王太子アーネストを避けようとするけれど、逆に興味を持たれてしまって――!?

 

★個人評価

切なさ   ★★☆☆☆

ハッピー  ★★★★☆

セクシー  ★☆☆☆☆

展開    ★★☆☆☆

お気に入り ★★★☆☆ 

 

♡感想(ネタバレ含む)

最後の方にならないと、この作品TL?って感じの内容でした。乙女ゲームの小説版読んでいる感じ。

R18の乙女ゲーム世界という設定でしたが、ゆる甘でエロはほぼ無しでした。

 

伯爵令嬢のルーシャはアカデミー入学前夜に突如前世の記憶を思い出します。

なんと、前世で大好きだった18禁乙女ゲームの世界に転生したということに…

そのゲームでは、ルーシャはヒロインであるジリアンの親友として、ほとんどのルートでジリアンに巻き込まれて酷い目に遭うというもので

どうにか、ジリアンと自分を悲惨な目から守るために、数少ない悲惨な目に合わないハッピーエンドルートを目指してジリアンをサポートすることを決意します。

アカデミーの新入生へのあいさつで、攻略者のひとりである王太子アーネストを見かけますが、ルーシャは前世では推しキャラでもゲームと同じだとかなりのヤンデレなはずだから、

ジリアンに近寄らせないようにと恐怖におののきます。

 

ルーシャは、悲惨なあわないように情報収集をするため「新聞部」に入部します。

しかし、入部初日からアーネストの取材に連れていかれることになり関わることに。

その間にジリアンは、悲惨なルートがほぼない攻略者の一人である第二王子イアンと仲良くなっていき、ルーシャはアーネストを近づけないように動きます。

そんな中、アーネストはルーシャに興味を持ち始めます。

ルーシャは伯爵令嬢であるが彼女が庶民が多い「新聞部」にいることをよく思わない・アーネストが興味を持っていることをよく思わない

令嬢たちから、いじめにあい倉庫に閉じ込められてしまった所をアーネストに助けられ、距離が近づきます。

直後の夏期休暇に、ジリアンがイアン殿下から離宮数日間で絵のモデルになってほしいとおねがいされて、ルーシャも一緒に行くことになります。

ジリアンがイアンの絵のモデルになっている間の時間、ルーシャは離宮の中を見て回ることにしたのですが、その案内役としてなんとアーネストが現れて

回っている最中に、好きな男性のタイプを詳しく聞かれます。

 

学園生活が戻ってからは、アーネストはルーシャのいる新聞部に毎日のように居座るようになり、学園祭のダンスパーティーのパートナーとして誘われます。

そして、学園祭2日目にルーシャはアーネストから告白され、戸惑います。

その後、ルーシャは危険な目にあっては、アーネストに助けられ、王太子妃になってほしいと切望されますが、王太子妃にになる自信がないと断りますが、卒業式に最終判断してほしいといわれます。

 

とうとう、アーネストの卒業式当日になり、再度告白されるが無理だと断るり逃げ出します

そこへアーネストは追いかけてきて、攫うと宣言してアカデミーの人がいる前で告白され、そのままホテルへ連れていかれてしまいます。

外堀をぜんぶ埋めてあるといわれ、いままで理想のタイプ通りに振る舞ってきたといい、ヤンデレな姿で迫ってきます。

 

結局そのまま、ルーシャは既成事実とともに王太子妃になることに…

イアン殿下のハッピーエンドの場合ルーシャはほとんど出てこないことに気づき、結婚式のスチルでアーネストの隣に自分がいた事を思い出して、ゲームの強制力を感じるのでした。

 

お気に入りポイント

  • ラストの急展開
  • ほのぼの恋愛部分が多い
  • イラストがきれい

ストーリーは、乙女ゲームを小説版にしましたって感じの内容でした。
最後に、突如TLらしいお話に急展開します。その急展開からのストーリーがかなり好きでした!!
ヤンデレっぽさがそこで初めて発揮されるので、今までの温和な王太子どこいったーー!ってなりました。
基本的に、ゆるゆるほのぼの恋愛ストーリーだったのですか、アーネストがルーシャに好意を伝えてから、ルーシャが危険な目に合う→アーネスト助ける→アーネスト王太子妃になって欲しいと伝える→ルーシャお断りの流れが2回くらいあったのがちょっとダレるな…って思いました。
終わり良ければ全て良しですかね!!

イラストの天路ゆうつづ先生の絵が好きすぎて挿絵眺めまくりました。

 

おすすめポイント

ラストの王太子の変化がいい!

 

-ライトノベル, TL, おすすめ★★★, おすすめ度別, は行

© 2021 読書感想は○○に限る