一覧 ライトノベル TL

読書済み現代ものティーンズラブノベル作品一覧①(読んだ順のため順不同・一言感想ネタバレあり)

いままで読んだ現代もののTLノベル一覧①

現代ものって、スパダリ多め!

作品名作者・絵作品系統おすすめ部分・あれーな部分リンク
いつか恋になる宇奈月香・花岡美莉偏執系アブノーマルラブ☆☆☆☆★
☆異常過ぎるヒーローのヒロインへ愛情にゾクゾクしました
★好き嫌いはわかれる作品かもとは思いました
イケメン社長は再会したママと息子をめっちゃ溺愛中水島忍・天路ゆうつづスパダリパパ☆☆☆★★
☆好きという気持ちより義務感や責任感を感じるヒーローの行動が軽さがなくて好感がもてた
★あんまり溺愛感はなかったです
偽りのフィアンセは獲物を逃さない結祈みのり・芦原モカ令嬢の意地っ張りラブ☆☆☆★★
☆ヒロインに対してのヒーローは表に出さずスマートに守って、距離を詰めていく流れが読みやすかった
★ちょっと大人同士の恋愛な感じにしては子供っぽいと感じるところがあった
英国系御曹司の異常な愛情臣桜・森原八鹿ハードエロス×究極の純愛☆☆☆☆☆
☆真実が見えてきたときの、そういうことだったのかのという衝撃が大きいけど、ヒーローの行動をすべて納得できる種明かしが面白い
★前半と後半のヒロインの性格にやや違和感
エリート御曹司は溺甘パパでした~結婚前より熱く愛されています~佐倉伊織・芦原モカ記憶喪失御曹司×身を引いた彼女☆☆☆☆★
☆誠実なヒーローに心打たれる作品だし、ひとつの家族が困難を乗り越えながらゆっくる作られていく流れを読んでいるような作品
★若干お話の展開が淡々としている
おめでたです。離婚しましょう〜御曹司との不自然な政略結婚事情〜惣領莉沙・白崎小夜甘々溺愛ラブ☆☆☆☆★
☆離婚を提示されても、ヒロインをただただ愛する甘々ヒーローがいい
★ヒロインの思い込みの激しさにちょっとだけイラっとする
俺の病気を治してください イケメンすぎる幼なじみは私にだけ●●する葛餅・逆月酒乱極上なモテ男×自分に自信がないOL☆☆★★★
☆幼馴染なシチュエーションとヒーローがヒロイン大好きなのが可愛い作品
★ヒロインがなんだか好きになれなかった
契約離婚 花嫁は御曹司に甘く囚われる麻生ミカリ・天路ゆうつづ政略結婚からの離婚届☆★★★★
☆いろんなしがらみにとらわれて自分意思を伝えることもできないヒロインのいじらしさが可愛らしかった
★ヒーローのヒロインの自我を出させたい故とわかっていても離婚申し出はちょっととおもってしまった
ケダモノ御曹司の独占欲 ~政略結婚からはじまる淫靡な溺愛~白雪優愛・藤浪まり政略結婚なのに溺愛☆★★★★
☆ヒロインが弱弱しい感じに対しての、グイグイ系ヒーローなのがよい組み合わせでいい
★お話が短いのとやや話が淡々としている
清く正しくいやらしく まじめOLのビッチ宣言兎山もなか・篁ふみビッチを演じるOLのオフィスラブ☆☆★★★
☆アラサーゆえの葛藤、まじめに生きていて来たぶんの反動が可愛らしい、そこにつけこむヒーローの行動がかっこいい
★セフレと思ってないけどセフレとして関係を始めるヒーローのやり方に最初好感が持てなかった

多いのは政略結婚作品・懐妊作品ラインナップ

ねこ
お気に入り作品ピックアップ感想

「いつか恋になる

は好き嫌いがっつり別れるとは思う作品です。私はフィクションとして読む分には好きな作品でした。

ヒーローの劇闇深い愛情故にしてもな犯罪行為に追い詰められて染まっていくヒロインにドキドキ読めました。

異常なほどヒロインへ執着するヒーローを拒絶していたところから、優しいのか弱いだけなのかあいまいなヒロインが結婚することを選び、その後起きた事件によって苦しみつつヒーローへの愛を自覚していく流れがとてもいいです!!

病院のシーンが本当に好き。殺したいほどの愛情ってすごいなってただただ感心してしまいました。

病みヒーロー×トラウマヒロインのおもおも作品、お好みの方にはぜひ読んでほしいです。

「英国系御曹司の異常な愛情」

のお話の展開が好きでした。最初はヒーローのヒロインへの突然の監禁、SMなアブノーマルな数々に犯罪ちっくな作品だなと呼んでいましたが

真実がわかり始めてから、ヒーローの行動のすべてには意味があったし愛ゆえの彼女のための行動だと知って面白いと思いました。

ヒーローが病んでいると思ったら、ヒロインの方がいろんな意味で病んでいて驚いたし、彼氏だと思って登場した人物の裏の顔にも驚いたし

お店のおかみさんぽやっとしすぎじゃないか?なぜヒロインがヒーローのことを覚えていないか気付かなかったのかとか

驚きポイントはたくさんありましたが、アブノーマルなようで最後まで読むと2人にとってはノーマルな純愛物語だなと思える不思議な作品でした。

ミステリアスな雰囲気にSM感がある行為が好きな方にはおススメです。

 

コミックシーモアリンク版はこちら

-一覧, ライトノベル, TL

© 2021 読書感想は○○に限る